耐震・制震

耐震+制震で更に地震に強い家創り

筋かいと耐力パネルを合わせたダブル安心の耐久壁と頑強な床構造に、制震ダンパーをプラス。
耐震と制震でより安心をお届けします。

耐震

注文住宅FORESTは全邸構造計算を実施、
安心の「耐震等級3」レベル

建築基準法レベルの耐震性能

極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力に対して倒壊、崩壊等しない程度。

建築基準法レベルの1.25倍の耐震性能

災害時の避難所に指定されている一般的な建物(学校・病院など)がこの基準に相当します。

建築基準法レベルの1.5倍の耐震性能

防災の拠点となる建物(警察署・消防署)がこの基準に相当します。

良い家の条件とは?

地震の多い日本では一番に考えなくてはならないことは耐震性能です。阪神淡路大震災後に日本の建築基準は見直され、今では上記のように耐震等級が3段階に分けられました。どのレベルの家に住みたいか?それは誰もが最高レベルの家に住みたいと答えると思います。ブルースタイルの注文住宅「FOREST」では全邸において構造計算を実施し、耐震等級3レベルで創っています。

  • ※耐震等級3について
    一邸一邸の設計には違いがあり一定の設計条件を満たす必要があります。証明書の発行には第三者機関の設計審査手続きが別途必要となります。

制震

繰り返しの地震にも強い
木造住宅用制震システム「TRCダンパー」

木造住宅の地震対策の基本は、建物自体の強度を上げ建物の倒壊を防ぐ耐震構造です。 より安心な住まいのために、地面から伝わる揺れを軽減させ、繰り返し起こる地震に有効な制震装置を加えることで、建物の損傷を 抑えることが可能になります。同時に、家具の転倒や飛散による被害の軽減も期待できます。 制震装置は、高い耐震構造を備える家に加えることでより性能を発揮します。

ブルースタイルの提案する「FOREST」は、「住宅性能表示制度」耐震性能最高レベルの耐震等級3相当 性能+地震エネルギーを吸収する木造住宅用制震システム「TRCダンパー」を標準仕様としています。

耐震住宅

  • 壁を増やしたり固くして、地震の揺れに耐える
  • 基礎や床の強度を上げ、全体に揺れを分散
  • 簡易に導入することができる
  • ブルースタイル注文住宅「FOREST」は、耐震等級3レベル

制震住宅(TRCダンパー)

  • 地震エネルギーを吸収して建物の揺れを低減
  • 幅広い環境に対応でき、長期間性能の劣化が少ない
  • 繰り返しの地震に対しても有効
  • 筋かいなど構造部分の損傷軽減

TRCダンパーの仕組み「"特殊粘弾性ゴム" が揺れを低減します。」

建物の揺れに応じてダンパーが伸び縮みし、ダンパー内のゴムが地震エネルギーを熱エネルギーへ瞬時に変換します。

TRCダンパーは、100年間メンテナンスフリー

TRCダンパーに内蔵の「特殊粘弾性ゴム」は、時間経過や温度による性能劣化が少ないため、メンテナンスしなくても、優れた効果を持続することができます。

「繰り返しの地震」に強い、高い制震効果、実大実験でTRCダンパーの制震効果を実証

TRCダンパーを設置した場合としなかった場合で、どれだけ建物変形に違いが出るのか、実物大の住宅を用いて実験を行いました。(震度6強)

繰り返しの地震では「3回目」の結果に大差が現れる!

極大地震・繰り返し地震双方で、水平変異を約50%程度軽減。(震度6強)また、繰り返しの地震では、3回目での釘抜け本数がTRCダンパー未設置の「わずか10%程度」という結果に。TRCダンパーを設置した制震住宅が「繰り返しの地震」に強いことを実証しました。

TRCダンパープロモーション映像

TRCダンパー開発元の住友理工にてTRCダンパーのプロモーション映像をご覧いただけます。是非ご覧ください。